【速報】最新ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」発売開始。下り最大1Gbpsの注目ホームルーター端末を解説します!

【2019年1月25日】WiMAXの最新モバイルルーター端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」とホームルーター「Speed Wi-Fi HOMEL02」が発売されました。下り最大1Gbpsの高速通信と電波受信力が強化された最新ルーター端末について解説。従来端末と比較してそのおすすめ度をズバリ診断します!

【最新機種】下り1Gbps対応ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」

HUAWEI製「Speed Wi-Fi HOME L01s」からアップグレードされた最新ホームルーター端末。ライバルNECプラットホームズ製「HOME 01」を強烈に意識したスペック。受信感度の強化と通信速度の大幅向上を実現しています。これはモバイルルーターW06とNEC製WX05の関係と同じ状況になります。ただし最大通信速度1GbpsはあくまでもHS+Aモード使用時のもの。月間7GBの通信量制限の対象になることから現実の使い道としては疑問です(詳しくは「HS+Aモード利用時の注意点」参照)。「ギガビット超え!」と言えば、端末のポテンシャルをアピールするのに十分なインパクトがありますが、あくまでもHSモード使用時の通信速度の実力値が重要になります。その意味では、「HOME L02」「HOME 01」とも十分選択候補になると言えます。据え置き型のホームルーターですから、LANケーブル接続での使用はPC使用時などにもともと適しています。これは「HOME L02」に限らず「HOME 01」にも当てはまります。

 

有線LANケーブル接続で下り最大1Gbp実現!高速通信で高画質動画を快適に視聴できるホームルーターです。

HOME L02は、有線LANケーブル接続で下り最大1.2Gbpsに対応しています。理想的環境での理論値とは言え、データ容量の大きな高画質動画を快適に楽しめるスペックです。
WiMAX,比較,おすすめ

 

4本の好感度アンテナを搭載。360度全方位をカバーし電波をしっかりキャッチします!

WiMAX,比較,おすすめHOME L02は、4本の高感度アンテナを4方向に配置することで、360度全方位カバー。いままでつながりにくかった場所でも、基地局からの電波をしっかりキャッチする設計です。

 

Wi-Fi TXビームフォーミング対応でWi-Fi接続での通信の安定性と通信速度の向上を実現!

WiMAX,比較,おすすめ

スマートフォンなどのWi-Fi機器の位置を検知し、対応機器に向けて電波を送信するWi-Fi TXビームフォーミング機能に対応。中・弱電界のWi-Fi通信の受信速度が平均約30%向上し、快適なインターネットにつながる新機能です。

 

スマホアプリから簡単設定が可能!

WiMAX,比較,おすすめスマートフォンにスマホアプリ「HUAWEI HiLink」をダウンロードすれば、簡単にHOME L02のWiMAX電波受信レベルを13段階で表示できます。最適な場所にホームルーターを設置することに役立つ機能です。また、スマートフォンから通信モードを切り替えることもできます。

 

「Speed Wi-Fi HOME L02」の主なスペック
 ※スマホの方は左右にスクロールしてご覧ください。
商品名 Speed Wi-Fi HOME L02
製造元 HUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD.
通信方式 WiMAX 2+ / au 4G LTE
最大通信速度

ハイスピードモード:
下り最大558Mbps/上り最大30Mbps

ハイスピードプラスエリアモード:
下り最大1,000Mbps/上り最大75Mbps
※LANケーブル接続時の通信速度

サイズ 約93(W)×178(H)×93(D)mm
重さ 約436g
最大同時接続数

Wi-Fi :最大約40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台)
LANポート:2台

有線LAN規格 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T ×2ポート
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、11n/11g/11b(2.4GHz帯)
対応OS

WindowsR 7、WindowsR 8.1、WindowsR 10
Mac OS X v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/v10.13/v10.14

UIMカードバージョン UIMカード:Nano IC

※スマホの方は左右にスクロールしてご覧ください。

 

「HOME L02」をお得にゲットできるWiMAXキャンペーンランキングへ