【レビュー】最新モバイルルーター端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」をさっそく購入しましたのでレビューします!

【2019年1月25日】WiMAXの最新モバイルルーター端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」とホームルーター「Speed Wi-Fi HOMEL02」が発売されました。下り最大1Gbpsの高速通信と電波受信力が強化された最新ルーター端末W06をさっそく購入。公表されているスペックや機能について検証。従来端末と比較したおすすめ度をレビューします!

【最新機種】下り1.2Gbps対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」

[同梱物一式]
WiMAX,比較,おすすめ
充電器は別売品を購入。USBケーブルはなく、TypeC変換コネクタのみ付属しています。TypeBのUSBケーブルを持っている場合は変換して使用できます。USB3.0ケーブルは同梱されてません。

 

[外観]
WiMAX,比較,おすすめ

 

WiMAX,比較,おすすめ
角ばっていた前モデルW05と違い、丸みを帯びた優しいフォルムです。厚みもこんな感じで薄くなっていて、ポケットに入れていても邪魔にならない感じです。気を付けないとすべって落としそうなくらい滑らかな手触りです。

 

通信速度はどれほどか?さっそく検証します。

W06は、USBケーブル接続で下り最大1.2Gbpsに対応とあります。理想的環境での理論値とはいえ、データ容量の大きな高画質動画を快適に楽しめるスペックになります。

 

実際の通信速度を測定しました。下り最大1.2Gbpsに対応しているのは東京都と埼玉県の一部エリアのみ。
測定地は地方都市で下り440Mbpsエリアになります。

 

@WiMAX2+エリア判定〇〜△
※自宅屋内、夜、HSモードでのアンテナは4本中3本

 

■HSモードにて測定 ※スマホとW06はWi-Fi接続
WiMAX,比較,おすすめ

 

■HS+Aモードにて測定  ※スマホとW06はWi-Fi接続
WiMAX,比較,おすすめ

 

AWiMAX2+エリア判定〇
※オフィスビル内、昼、HSモードでのアンテナは4本中3本

 

■HSモードにて測定 ※スマホとW06はWi-Fi接続
WiMAX,比較,おすすめ

 

【所感】
@WiMAX2+の電波がやや弱い自宅内、夜間の測定では、auのLTE電を使用するHS+Aモードのほうが電波も安定して通信速度も速いという結果でした。それでも下り32.4Mbpsは十分の通信速度です。複数回測定しましたが大きな変動はありませんでした。
Aエリア判定〇の別場所で昼間測定したところ、HSモードで45.1Mbpsを計測、やはりWiMAX2+の電波環境次第で通信速度も向上します。

 

HS+Aモードでは月間7GB超過の通信速度制限があることを考えれば、基本的にはHSモードで利用できることが重要。その点、HSモードで30GB程度が安定的に確保できていれば全く問題なく利用できます。

 

W06の前機種W05の通信速度の実測値もほぼ同程度でした。一部の地域を除けば、W05からW06に機種変更することでの通信速度の変化はさほど体感できないかもしれません。いずれにしても通信速度としては十分です。

 

[追記]
W04以降になってくると、モバイルルーター端末のスペック上の通信速度はどんどん高速化しています。しかし多くのユーザーが実際に利用してみると、スペックほどの高速通信が実現している訳ではありません。むしろ影響が大きいのは、基地局の増設などを通じてWiMAX2+の電波受信環境が良くなった場合です。WiMAX2+の電波さえしっかり受信できていれば、十分快適なインターネット利用が可能だということです。光回線でも下り80Mbps程度で、何も問題なく使用できる訳ですから。UQコミュニケーションズが要求しているのか、メーカー2社で張り合っているのかわかりませんが、スペック上の最高通信速度だけが独り歩きしているように感じます。

 

《参考》
WiMAX,比較,おすすめ

 

W06の注目の新機能『通信モード自動切換』

実はこれは、WiMAXサポート窓口担当者時代に「あったらいいな〜!」と一番願っていた機能ですね!
WiMAXユーザーから問い合わせの中で、ユーザーが困っていてもどうにも救済できないのが月間7GB超による通信速度規制です。「ギガ放題で契約してるのになぜ?!」と言われるのですが、ほとんどがHS+Aモードに切り替えたあとのHSモードへの戻し忘れのケースです。一旦HS+Aモードでのデータ使用量が7GBを超えてしまうとその月はずっと128Kbpsの通信速度規制がかかり解除できません。しかもHSモードもいわゆる「道連れ規制」で同じく通信速度規制になってしまい実質利用できないに等しくなります。ユーザーとしてもやり場がないので結構窓口担当者に怒りの矛先が・・・・なんてことも多々あります。「端末が7GB手前でせめてアラームだけでも発してくれればいいのに・・・」などと何度も思ったものです。まさにこの『通信モード自動切換』は待望の新機能ですね!
?
■操作は簡単です。
タッチパネルのメニューから
@通信モード自動切換
A通信モード自動切換をオン
→ チェックをし完了

 

設定すると、月間7GBの90%に達すると自動的にHSモードに切り替わる仕組みです。このパーセントは10%刻みで変更も可能。です。
他に「ワンタイム通信設定」という機能をあわせて選択すると、“無通信が約15分続く”もしくは“設定後約10時間経過”で自動的にHSモードに切り替えてくれます。HS+Aモードでの7GBを浪費しないためにも便利な機能です。

 

他にW06で強化されたポイント

もともと補強できるポイントは以下の2点に絞られます。
@外から届く電波WiMAX2+の受信感度をアップさせる
Aユーザ−の端末(スマホ、タブレット、PCなど)とWiMAXルーターとのWIFI接続の安定性を向上させる
HUAWEIとNECのメーカー2社がそれぞれで同じような取り組みをしていることになります。その違いはなかなか実感として理解しにくいというのが正直なところです。一応W06に関するHUAWEIの説明を以下に転記します。

 

高性能ハイモードアンテナ搭載で、WiMAX2+電波受信の力を向上!

WiMAX,比較,おすすめW06は、高性能ハイモードアンテナ搭載によりアンテナ感度を向上させています。これまでつながりにくかった場所でも、基地局からの電波をしっかりキャッチするための強化ポイントです。

 

Wi-Fi TXビームフォーミング対応でWi-Fi接続での通信の安定性と通信速度の向上を実現!

WiMAX,比較,おすすめ
Wi-Fi TXビームフォーミングに対応。これはスマートフォンなどのWi-Fi機器の位置を検知し、対応機器に向けて電波を送信する機能です。メーカー公表では中・弱電界のWi-Fi通信の受信速度が平均約20%向上さするとのこと。Wi-Fi接続時での快適なインターネット利用を助けます。

 

「Speed Wi-Fi NEXT W06」の主なスペック
 ※スマホの方は左右にスクロールしてご覧ください。
商品名 Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元 HUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD.
通信方式 WiMAX 2+ / au 4G LTE
最大通信速度

ハイスピードモード:
下り最大558Mbps/上り最大30Mbps

ハイスピードプラスエリアモード:
下り最大1,237Mbps/上り最大75Mbps
※USBケーブル接続時の通信速度

Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、11n/11g/11b(2.4GHz帯)
サイズ 約128(W)×64(H)×11.9(D)mm
重さ 約125g
バッテリ容量 3,000mAh
最大同時接続数 Wi-Fi :16台 / USB:1台
連続通信時間

ハイスピードモード:スマート設定時 約540分
ハイスピードプラスエリアモード:スマート設定時 約400分

連続待受時間(静止時) 約800時間(WiMAX 2+、Wi-Fi未接続時)
対応OS(USB通信)

WindowsR 7、WindowsR 8.1、WindowsR 10
Mac OS X v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/v10.13/v10.14

インターフェイス

USB:USB3.0 TypeC ×1
UIMカード:au Nano IC Card 04 LE U ×1

※スマホの方は左右にスクロールしてご覧ください。

 

W06をお得にゲットできるWiMAXキャンペーンランキングへ