『困った!』WiMAX2+のエリア判定は「〇」の「利用可能」だったのに実際使用すると「圏外」になってつながらないのはなぜ?!

自宅で利用したくてWiMAX2+の電波状況をUQ公式サイトのエリア判定で確認。「〇」で「利用可能」となっていたので契約したが、いざルーター端末が届いて試すと「圏外」となりアンテナが立たずつながらない。どういうこと?!

WiMAX 2+は2.5GHzという高周波数帯を使用してデータ通信を行います。その長所は高速通信ができて大量のデータを送れるというです。半面、周波数が高いため直進性が強く、屋内、地下、地下鉄など障害物に遮ぎられるような場所では電波が届きづらいという弱点があります。エリア判定は「〇」でも屋内や建物の影など、最悪「圏外」になることが起こるのは使用電波の特性が原因です。

 

《解説》

WiMAX 2+ と 4GLTEでは電波の性質上何が違うのか?

スマートホンなどの4GLTEは主に“プラチナバンド”と言われる700MHz〜900MHz帯が使用されます。この帯域は電波が遠くまで届きやすく、大きな建物もまわりこむので都心のビル街や室内でもつながりやすいという特性があります。
これに対し、WiMAX 2+は2.5GHzという高周波数帯を使用してデータ通信を行います。その長所は高速通信ができて大量のデータを送れるということです。ところが、周波数が高いということは直進性が強く、屋内、地下、地下鉄など障害物に遮られるような場所では電波が届きづらいという弱点にもつながります。

 

エリア判定「〇」でもルーター端末上では「圏外」になるのはなぜ?

WiMAX2+のエリア判定は基地局の位置と地形から「〇」「〇〜△」「△」「×」が決められています。位置的には「〇」判定の場所でも、インターネットを利用するマンションの部屋の中までは電波が届かず「圏外」になってしまうことがあります。WiMAX2+の電波は最寄りの基地局から直進してくるイメージです。あいにく基地局の方角には窓がなく、厚いコンクリートの壁で遮られている場合などがその一例です。またビルの高層階にも電波が届きにくい傾向があります。基地局が平地にあると、基地局よりもかなり高い位置に住んでいることになる高層階には電波が届きにくいことがあります。

 

 

WiMAX2+でのデータ通信のメリットとデメリットとは?

WiMAXが使用している2.5GHzの高周波数帯は通信速度では高速化のメリットを生みます。同時に高周波帯の直進性ゆえに遮られやすいデメリットを持っているということです。その弱点を補うのが4GLTEを使用するHS+Aモードになります。うまくHS+Aモードで弱点をカバーして使用できれば、WiMAX2+の高速データ通信の良さを存分に活用できることになります。

 

4GLTEを使うHS+Aモードを使用する場合注意が必要!

HS+Aモードでの利用は月間7GB未満でないと強い通信速度制限にかかり使い物にならなくなります。利用予定の場所でWiMAX2+の電波が十分届かない、もしくは「圏外」の場合は「初期契約解除」制度を使った解約も速攻で検討する必要があります。ただし引っ越し先などで「圏外」になった時などは、購入後8日間以内でのみ使用できる「初期契約解除」も使えません。「全く使えないのにギガ放題の月額料金を払えるか!」という話になりがちですが、契約上はあくまでも「電波が届くところで使用可能なサービス」ということで「電波が届かない場所では使えない。」ことを了承して契約している体になっています。こういうある意味“悲劇”のリスクを考えるとBroadWiMAXの「いつでも解約サポート(旧ご満足保証)」は非常に有効なサービスと言えます。月額料金だけではないWiMAXサービスに必要なサポートが用意されている点は「さすが!」と感心させられます。